FC2ブログ

今日mo晴れ

難解



 雨上がり、小鳥の音が響いています。 8:50撮影の青山メモリアルパークです。

さて問題です
イタリア =  1,500
イギリス =  3,000
日  本 = 10,000

この数字の意味はなんでしょう?

各国語の90%以上を理解しようとすると、
スペイン語やイタリア語では1500から1800語、
フランス語では約2000語、
英語は3000語、
ドイツ語で約5000語、
日本語に至っては1万語が必要とされているそうです。

また、日本語の擬音は、英語の5倍近くあるともいわれているそうです。
日本語がいかに難解な言語であるかということとともに、それほど表現が豊かということであり、日本人はそんな難しい言語を、生まれながらにして身につけているということです。

長女の会社は公用語が英語です。
楽天やユニクロ、最近では資生堂まで英語が社内での公用語になったのだとか…。

東京オリンピックなどのイベントもあり、外国の人とコミュニケーションをとるためには、英語の方が便利なことは間違いありません。

ただその一方で、世界的に希少価値がある日本語の文化は、日本人として守っていかなければなりません。これから小学校でも英語が必修化されますが、母国語である日本語があってこその英語だと思います。使い分けのバランスだけは、間違ってはいけないと思います。

お経さんも英語で! とはならいでしょう。 (土井)

ようこそ青山メモリアルパークへ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する